うらけん日記

あらかた30歳。アラサーの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

山形満喫ツアー(終)

01

02

03

04

05
運転ありがとー
06

07

08


お疲れさまでした~。








スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |

山形満喫ツアー(2)

DSCN2476.jpg


昨日とは、うって変わって待望の快晴。

ラッキーday!

リフト乗り場には、メッセージボードが。

DSCN2489.jpg


 昨日、蕎麦を食べていたらメンバーの知り合いの方が偶然登場~。

 そしてテント泊の予定でしたが、ご好意に甘えさせて頂き泊めて頂いたのでした。

 スキー場すぐそばの夢のような条件。

DSCN2503.jpg


 湯殿山ピークを目指します。

 結構、割れ目が入っており気持ちの良いものではありませんでしたが、無事登頂

 成功にて、急斜面を順番に。

 このスケールの斜面は、なかなかです。

 距離も、斜度もちょうど良く。

 DSCN2510.jpg
(ここの斜面を滑ったわけでは無いです)



 















| コメント:2 | トラックバック:0 |

山形満喫ツアー(1)

DSCN2456.jpg


 3月27日以来の休日。

 もちろんスキーです。

 先日オープンした山形県川西町の月山スキー場へ。

 いい仕事をするためには、充実したプライベートを!!

 仕事ありきの趣味!!

 どちらも正解ですね。

 朝3時に待ち合わせをし秋田県湯沢を経由しR13を南下。

 7時過ぎに川西の道の駅で、さらにメンバーと合流し月山に到着するも

 視界無くすぐさま中止。

 DSCN2463.jpg


 高速で上山市、蔵王温泉スキー場へ移動!

 坊平のライザスキー場なら大会で何度も行った事はありましたが蔵王温泉スキー場
 
 は、初。

 4時間券で、視界も真っ白の中みっちり!!滑りました。
 (今シーズン一番の滑り込み!!?)

 川西の道の駅まで戻り、蛙の子にて夕食を頂きました。

 やはり山形県の名物。かもそば外せません。

 蔵王温泉スキー場とそば。。山形を満喫した一日目でした。
 
 
 
| コメント:0 | トラックバック:0 |

がっさん。

 ヘリコプターって時速300キロもでるんですか!
 
 はやっ!

 警察のヘリは、カラーリングは全国共通なんですね!

 岩手の防災ヘリは、岩手山の頂上にも上がれるのかな?

がっさん

 乗ってみたい。

 でも、やっぱりお世話にならないようにしなきゃ。
| コメント:4 | トラックバック:0 |

雪崩防止セミナーから学ぶ事。

断面


 1月16日・17日の二日間八幡平を会場に雪崩防止セミナーが

開催され、参加してきました。

 雪崩対策の基礎講習・ゾンデ探索講習・ビーコン探索講習

雪中埋没体験が初日。二日目は、低体温症と雪崩発生メカニズム

の講義・積雪断面観察・弱層テスト・セルフレスキュートレーニング

という内容でした。

 講義では、北海道のビックマウンテンスキーヤーの雪崩に巻き込まれる

瞬間や雪崩を回避する瞬間の映像、今シーズン初頭に起きた雪崩事故や、

過去におきた雪崩事故の概要などの報告書や写真から雪崩の恐ろしさを

痛感したり、どのような対処で救助にあたったかを知りました。

 

低体温症についても、医師の方が講義して下さいました。もう少し

じっくり時間をかけて勉強する必要があると感じました。

 雪中埋没体験は、50センチ程度の雪に埋もれるのですが、体は

全く動かすことができません。声を出しても外には聞こえません。

外の呼びかけも雪面にぎりぎりの所で叫んだのがかすかに聞こえる

程度です。非常に怖かったです。2、3メートルの地点に埋もれたら

どうなるのでしょう・・・掘り起こすのも容易ではないです。実際、

雪崩に巻き込まれて致命傷になるのは、巨大なエネルギーによって

受ける外傷なようです。骨折や、骨折によって内蔵を傷める事が

多いみたいです。

 雪崩で大切な仲間を失いたくないと思いました。

雪崩にあったことが無い自分はただ運が良いだけなのでは?

講師の方や受講された人の中には、雪崩によって仲間を失った

方もいるようです。その方達の言葉は、非常に重みのあるもの

で心に突き刺さりました。自然相手では気をつけていても雪崩に

あうこともあるでしょうね。けれど、雪崩をおこさないように、

または、雪崩を回避するための判断力や状況判断が必要なのですね。

事故にあってからでは、やっぱり後悔もするでしょう。

 最後に、医師の方の『予防に勝る治療は無い』という言葉にあるように

雪崩に遭わないための、雪崩を起こさないようにするための知識と経験、

雪崩後の対処方法の知識と経験をまだまだ積んで行かなければならないと

痛感させられました。

 また、このような機会があれば絶対参加したいと思いました。

 そして、みなさんも是非参加して一緒に勉強しましょう。

 もちろん、楽しくパウダーの斜面を滑り続けるためにです。

はち

 
 Photo 2008.1.17
斜面にはクラックが入り、昨日は、先日の14日に雪崩たデブリも確認できました

 とても、先シーズンまでとは似ても似つきません。危険で入れませんね。



 





 
 


 





| コメント:2 | トラックバック:0 |

今年も

遂に、里にも雪が積もりました。
真冬並の寒気によって天気予報にも雪マーク。
寝不足もなんのその、昨日仕事から帰ってきて冬タイヤに交換。
インパクトレンチ(本当に便利)のおかげでスムーズに交換終了!!
 
スキー道具を揃えて寝る!

。。起きる!!

辺り一面の銀世界。今年もやってきました。
(以外と早く感じるのは何故??)
 さっそく出発!!
途中、湿気のある雪にハンドルを取られスタックしている車を助ける。
シャベルがこんなところでも活躍しました!!

1

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。。」ではないけれど
進むほどにどんどん深くなる雪にビビる。

2

やはりここは別格!
麓の温泉で除雪車が入るのを待つ。

3

うーん。今の時期にしては結構降ったね!

5

除雪が、片側の車線しか終わっていなく除雪の邪魔になるかと思い今回は断念。
30センチ~40センチの積雪がありました。やや湿気があるもののシーズンのそれに
近い!
6

初滑りはお預けになりました。
焦らずにいきたいと思います!

| コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。